フローラディクス TOP >現代女性の鉄分状況

現代女性の鉄分状況

現代女性の70%が鉄分不足に陥っているといわれます。

女性は生理のたびに鉄分を失っていますし、妊娠・授乳を通して我が子に鉄分を与える役目も果たしますで、意識してより多くの鉄分を補わなければなりません。

そのため、現代女性のじつに70%が鉄分不足に陥っているといわれます。

Q.女性は男性と比較してどれくらい多くの鉄分が必要ですか?

女性と鉄分
女性は、生理で鉄分を失ってしまいます。

10代〜出産適齢期の女性は、男性の1.2倍以上、15〜18mgの鉄分を必要とするといわれています。

特に生理の期間は男性の2倍もの鉄分が必要です。
生理の期間、だるさや冷えを感じる女性が多いのは、鉄分不足のせいも大きいようです。

Q.妊娠・出産期はどれくらい鉄分を摂れば良いのでしょうか?

妊娠 育児 鉄分妊娠中は、平常時の約2倍、30mgの鉄分が必要といわれています。
妊娠中はふだんより血液量が2〜3割増え、それと同時に赤血球も増え、胎児に胎盤を通して酸素を供給しなければなりません。
母体が胎児に供給する鉄分量は、誕生後の赤ちゃんが生後6ヶ月間に必要とする量をも含んでいるといわれます。

そして出産時の出血でも鉄分を失ってしまいます。

出産の直後から始まる授乳では、その母乳から赤ちゃんに鉄分を供給しなければなりません。

妊娠・出産・授乳の期間は、普段よりずっと多くの鉄分が必要です。妊娠・出産の時期はとくに、母体である母親は口に入れる食べ物の安全性が気になりますね。天然の果実、ブドウ・洋梨・サクランボの果汁をベースに、ハーブ・野菜をブレンドしたフローラディクスなら、安心して召し上がっていただけます。

フローラディクスのご注文

フローラディクス 初回注文のお客様は送料無料!よく分かる小冊子資料付き

フローラディクス TOP >現代女性の鉄分状況